意外と知られていないのが葬儀の後の納骨のやり方なので、自分なりに仏式に言及してまとめて書いてみました。

今どきの葬儀は自由なスタイルが人気

葬儀の後の納骨にいたる流れの一例

外と知られていないのが、葬儀や納骨のやり方です。葬儀の後にやらなければならないことは、故人の法要、それに合わせての納骨です。時期は特に決まりはありません。納骨は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。また、地方によっては葬儀後すぐに納骨する場合もあります。納骨についてまとめますのでご参考にしていただきたいと思います。

仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的となっています。先祖代々の墓や位牌のある菩提寺の僧侶に相談される事をおすすめしますが、お墓が遠方にある場合や、すぐに納骨できるお墓がないなどの理由があれば、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かってもらうということもできます。だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行います。遺体をお墓に葬る事を埋葬と言います。現在では、葬儀の後、遺体を火葬して遺骨を墓石の下の納骨室に骨壷ごと収めています。遺骨を納骨室におさめたところで、埋葬は完了するということになります。納骨をする時は、納骨式を行います。故人の近親者、ごく親しい友人、知人などごく内輪で行います。仏式では一般的に忌明けの四十九日に納骨することが多いようです。また最近は、墓地を購入する意思のない人が多くなっていて、お墓を作らずに寺院や霊園などの納骨堂に遺骨をおさめるケースも増えてきています。しかし将来お墓を用意しても遺骨は返してもらえないことが多いので、前もってよく検討する必要があります。これは慎重に検討してほしいと思います。

Copyright (C)2019今どきの葬儀は自由なスタイルが人気.All rights reserved.