一度は誰もが経験している葬儀の納骨です。都道府県や市によって違いが若干ありますが、一般的な仕方を書きます。

今どきの葬儀は自由なスタイルが人気

葬儀の時の納骨の仕方。

葬儀にすることはたくさんありますが、マナーもたくさんあります。香典の書き方、出し方や服装やお焼香の仕方など色々あります。もちろん葬儀ですからジーンズや色の派手なのは厳禁です。きちんと黒のスーツいわゆる喪服です。Yシャツ以外は靴下やネクタイも黒で統一しないといけません。紺色でも黒っぽいのですが、葬儀なので、紺も厳禁です。葬儀の中で一番忙しいのが亡くなった人の物や現金や通帳とかいった物はすぐに降ろしておかないといけません。なぜなら、死亡届が受理されるとその通帳に入ってるお金は降ろせなくなるからです。置いてる場所が分かっていればスムーズに出来るのですが、やはり親、兄弟であっても通帳の置いてる場所なんて教えないです。なので、だいたいは、葬儀の手続きするまでにバタバタしないと行けません。納骨も終わって全て終えた後に銀行に行ってももう降ろせなくなってます。

葬儀では最後は納骨があります。納骨するまでもする事があります。遺骨を墓に納めることを納骨といいます。納骨の時期は、とくに決まってないんですが、そこは家族と遺族の都合がいい日がいいと思います。四十九日ぐらいは自宅に置いておくのもいいかと思います。一般的には火葬場から直接墓地に行き納骨する人が多いです。葬儀に来てるので、その日は遺族はずっといるので、納骨まで一気にする方がまた集まれる日にと言っているとなかなか集まれないので葬儀して火葬場に行き納骨する人が多いと思います。

Copyright (C)2019今どきの葬儀は自由なスタイルが人気.All rights reserved.