最近では、納骨のスタイルも変わってきているようです。葬儀の前に、それぞれ家族で考えておきたいです。

今どきの葬儀は自由なスタイルが人気

葬儀の前に考えておきたい納骨

最近は、自分の死をプロデュースする、という考え方があるそうで、葬儀についても、事前に話し合う家族も増えているそうです。お葬式はこんな風にしてほしいとか、誰を呼んでほしいとか、かなり詳細に決める人も多いのだそうです。また、お金をなるべくかけないで、内々で済ませてほしい、という人もいることでしょう。これは、お墓についても同じです。先祖代々の墓がある人で、子供も孫もいる人はいいですが、お墓をまだ買っていないような若い夫婦だけの核家族もいます。それに、お墓はあるけれど後継者がいないというようなこともあります。子供や孫はいるけれど、みんな都会へ出てしまって帰ってこない、という場合もあるでしょう。

なので、お葬式自体よりも、納骨とそれ以降のことを考えておくべきだと思います。お墓がなく、しかも独身で、子供がいないというような場合、永代供養を考えてもいいと思います。ある程度の金額を払うことで、お寺や霊園などでずっと供養してもらえるのです。ある程度年月がたったら、共用エリアに移してもらい、永代供養の他の人たちと一緒に供養してもらえます。これならお墓もいりませんし、管理してもらう人のことを気にする必要もありません。散骨など、新しい方法もどんどん出てきていますから、それぞれきちんと勉強しておくといいと思います。もし子供がいる人でも、お墓はいらない、子供にお墓の世話をさせるのがいやだ、と思えば無理に買う必要は無いとわたしは思います。

Copyright (C)2019今どきの葬儀は自由なスタイルが人気.All rights reserved.