葬儀が終わると火葬するところへ行き、棺おけのまま火葬をされるので終わった後、骨をみなさんで納骨してあげる。

今どきの葬儀は自由なスタイルが人気

葬儀では納骨をされることが大事

葬儀を行って最後のお別れをする時がやってきました。棺おけのふたを閉める前に、穏やかに眠っているところにお花を置いたりして心をこめてお祈りをされるのが大切です。棺おけを閉じられたら、数人でその棺おけを手で持って車まで運ぶのです。車に乗せたら親族の方たちは、車に乗り、火葬場へと移動をし、焼き場で魂を抜いてあげるお祈りをささげるのです。焼き場に入れて終了するまでは時間がかかりますので、みなさんは控え室で待機をしてまっているのです。放送で終わったことが流れたらみなさんで骨をひろう場所へと移動をします。きれいな骨だけになっているので、その骨を順番でつぼに入れていくのですが、場所によっては、一人で行うところと二人で行うところがあるので、その場の指示でされるといいですね。

骨をつぼに入れて最後には係員の方がすべての骨をつぼに入れてくださいます。骨をつぼに入れ終わったら、今度はお墓に移動をされるのですが、つぼをもたれる方を選出しなければなりません。私は、率先して持つようにしているので、遺骨を持ってお墓へと移動をされた経験は何度もあります。一度遺骨をもたれた方は、お寺さんでお経をあげてくださった後、同じ方が持ってお墓へいくのです。お墓に持って行き、納骨をしたらみなさんでお線香をあげることが必要です。お墓に納めるまでの流れは必ず経験されることなので覚えておくといいかと思います。その後は、個々にお墓参りにこられれば、いいかと思います。

Copyright (C)2019今どきの葬儀は自由なスタイルが人気.All rights reserved.